宗谷岬ココは見て!−みどころ紹介(稚内)

Sponsored Link

誰でも必ず一度は行ってみたい−日本の最果て「宗谷岬」とはそういうところ。みどころも何も、見ればそれでいいんですが、夏でも寒くて「見て回る気力も沸かない」なんてときもあるんですよ! みどころと、ちょっとしたコボレ話もご紹介!

日本最北端の地

 宗谷岬といえば、「日本で普通に行くことができる」最果ての地です。北緯45度31分22秒です。普通に行けない場所の最果ては、北方領土の択捉島「カモイワッカ岬」です。まあ、択捉島について語ると、長いし、政治の話になるのでこれくらいにしておきましょう。

日本最北端の地の碑

 宗谷岬に来たら、「日本最北端の地の碑」の前や上で、思い思いのポーズで写真を撮ったり、「ついに来たか…」と物思いにふけるのも良いかと思います。天気が良く、雲がなければ碑の後ろに「サハリン」が見えることもあります。

 宗谷岬とサハリンの「クリリオン岬」というところの距離は43キロです。サハリンには、あまり高い山もないので、夏場は見えないことが多いです。見えたら、1年分くらいの運が使い果たされたと思って間違いなし!

間宮林蔵の像

間宮林蔵

 まだ未開の場所だった「樺太(=サハリン)」を見聞し、測量などの調査をしたのが「間宮林蔵」です。顔が正面ではなく、海の方を向いているのは、いつも想いは「樺太」にあるから、ということです。宗谷岬の近くには、間宮林蔵が宗谷の地から出立した地点にも碑が建立されています。

間宮林蔵渡樺出港の地碑

興味のある方はこちらも是非ご覧ください!

宗谷岬の歌碑

「宗谷岬」歌碑

  ボタンを押すと、名曲「宗谷岬」の歌が流れます。ダ・カーポさんが歌い、宗谷岬は有名になりました。ちなみに、歌碑から流れてくる歌声は「千葉紘子」さんによるものです。

売店「柏屋」で最北端到達証明書をGETしよう!

宗谷岬には、大きな「柏屋」という売店があります。建物の中央に温度計がありますので、こちらの温度計を撮影する人も多いです。8月でも10度以下になることもあり、その体験の記念写真にもなります。

柏屋さん

 こちらの売店では、稚内観光協会発行の「日本最北端到達証明書」を販売しています。

日本最北端到達証明書

 カード型になっており、下の方に年月日と時刻を証明しています。お値段はなんと100円(税込み)! 良心的です。これは記念に持ってこいですね!

 また、店の奥には「流氷館」への扉があります。冬に宗谷岬に流れてきた流氷を、大きな部屋で展示しています。なんとタダで見学できます! 要必見!

宗谷岬にも流氷が流れてきます

元旦の初日の出を見にたくさんの人たちがやってくる!

 「日本最北端から初日の出を見よう」と全国各地から約1,500人以上の人たちがやってきます。ホテルもやっていないので、なんと宗谷岬でテントを張るツワモノたちも!

元旦の宗谷岬の様子ー無数のテントと人

 すご〜く人気がありますが、統計上初日の出が見られるのは、5年に1回程度です。ヘタすると宗谷岬の強風で立ってられないほどです。しかもメチャクチャ寒いんですよ! それでも良ければ来てください!

元旦の宗谷岬−やっぱり初日の出は見られませんでした(2019年)

まとめ

 基本的に風が強く、夏場は霧が発生することも多い宗谷岬。寒くて立っていられないほどのこともあります。そんなときは、思い出深い宗谷岬の旅となることでしょう。サハリンが見えて、穏やかな宗谷岬だったら、すぐに宗谷岬に行ったことも忘れちゃうかも知れません。

 興味がありましたら、宗谷岬の元旦初日の出に出かけられてみてはいかがでしょうか⁈ 非日常を味わえること間違いなし‼︎

Sponsored Link