天上のお花畑とはまさにこのこと!チングルマ咲き誇る旭岳

Sponsored Link

 この夏、どうしても見たかった風景の一つが旭岳のチングルマの風景です。天上のお花畑を見て参りました。(2021年7月23日)

旭岳とチングルマ

早朝から旭岳ロープーウェイはゲキ混み!

 旭岳はロープーウェイに乗ると、標高1,600メートルまで行くことができます。訪れた日は、休日ということもあって、ロープーウェイは大賑わいでした。

旭岳ロープーウェイ

休日は、始発が朝の6時という時刻であるにも関わらず、長蛇の列でした。それもそのはず、ロープーウェイ付近の駐車場で車中泊している人のなんと多いことか!

旭岳ビジターセンター駐車場

旭岳ビジターセンターの駐車場は無料で駐車できるので、たくさんの車が止まっていました。もちろん周辺のホテルで宿泊している人も多数いたことでしょう…。早朝アタックするガチ勢は旭岳以外の山も登るのかもしれませんね…。人が多すぎて、入林届の机は3つに分かれており、同時に3人書くことができるのですが、それでも列ができていました。

入林届を書くために並ぶ人たち…

 さすが北海道の最高峰! こんなにも人がいるので、熊の心配はないですね! 今年は熊による人身事故が多発しているため、北海道の登山はメジャーな山がオススメです。

ロープーウェイから旭岳登山道までは、姿見の池など、いくつかの池が点在しています。

姿見の池周辺散策路マップ

どちらかというと登山道よりも、姿見の池までのルートの方がたくさんの花々が咲いておりました。それでは早速花々をご紹介しましょう。

姿見の池までの間で出会った花々…

ロープーウェイ「姿見駅」から歩き始めるとすぐに、たくさんの花々に出会うことができました。

エゾコザクラ

写真はエゾコザクラです。「コザクラ」と名のつく花はたくさんありますが、いずれも可愛らしく、ファンが多いですね。

エゾノツガザクラ

エゾノツガザクラは、ツツジ科の低木です。群落を作り、ピンクの絨毯のようになっている場所もありました。

ミツバオウレン

ミツバオウレンは、花の中心部分が可愛らしいですね。花の大きさは1センチほどと小さく、見落とされがちです。

ホソバノキソチドリ

 こちらはホソバノキソチドリです。目立たない系のラン科です。ほとんど見向きもされてませんでした…。

ミヤマリンドウ

 写真ではあまり伝わりませんが、色が濃い! 花は小さく、可憐でした。初めて見ましたが、すぐにファンになりましたね。

キバナシャクナゲ

 花びらが透明がかっており、美しく、可憐でした。後ろの白いものは残雪です。

エゾオヤマリンドウ

 秋に咲くリンドウの花もチラホラと…。もうつぼみをつけていて、びっくりしました。今年は暑いからですかね〜。

チングルマとエゾノツガザクラの共演!

こちらが見たかった、チングルマです! 後ろのピンク色の小さな花はエゾノツガザクラです。

チングルマ

まさしく天然のお花畑! ただただ感動しました〜。 お花畑を見た後は、旭岳登山に挑戦しました。

旭岳登山は意外と大変でした…登山道には思ったよりも花は少なく…

姿見の池

姿見の池を見た後は、いよいよ本格的な登山道へと入ります! 道内としては珍しく真夏日が続いている最中の登山でした。熱中症対策は万全でしたが、結構体力を奪われましたね〜。登山道も岩がゴロゴロしており、まぁまぁ歩きづらかったですね…。

登山道

登り始めて割とすぐに、こんな感じの道になりました。ここを通らなければならないという登山道の決まりはないうようでした。ロープの幅も広く、好きなところを通って良いスタイルでした。ソーシャルディスタンスはバッチリでしたね。

登山道

砂利が多いので、登りは良いのですが、帰りは足を取られましたよ。

地獄谷

 地獄谷と呼ばれている場所は、常に煙がモクモクしています。硫黄のにおい(=硫化水素臭)が登山道まで来ていました。

山頂付近には、金庫岩とニセ金庫岩があります。二つの岩は似ているため、ガスっている時には、ルートを間違えてしまい、遭難することもあるそうです。

金庫岩

金庫岩は、晴れている時はロープーウェイのあたりからでも見えます。登っている最中、似たような形の岩が多いなぁ〜と思っていました。

ニセ金庫岩

登っている最中は、「これが金庫岩かなぁ?」と勘違いし思わずパチリ! 本当に似ています。実際にこの岩のせいで遭難した例があるとか…。後から知って怖くなりました。

金庫岩をかわすと、いよいよ山頂です!

念願の旭岳登頂!

少し雲がありましたが、最高の景色を見ることができました。何よりも、仲間と今年の目標に掲げていた旭岳登頂を達成! 感動しました…。

山頂付近には、黄色のメアカンキンバイが群生していました。コウザンチョウもいましたが、飛び回るため撮影はできませんでした。山頂にはたくさんの人がおり、カップ麺を啜る人が多数…。山頂でカップ麺が流行りなのかな…。

ここからは、登山中に見た花をご紹介します。

登山中に発見した花々…

メアカンキンバイ

 メアカンキンバイは、山頂付近で群落をなしていました。黄色い絨毯のようでした!

イワブクロ

イワブクロは、ロープーウェイ付近から見られましたが、山頂付近でも元気に咲いていました。

チシマクモマグサ

 山頂付近から見られたのが、チシマクモマグサです。真ん中の丸い部分が可愛らしいですね。割と塊で咲いていました。

イワヒゲ

あと一歩で山頂というところに、イワヒゲが絨毯のように広がっていました。登山道はあまり花はありませんでしたが、山頂付近から花が増えてきた印象でした。

 コウザンチョウは写真に撮れませんでしたが、たくさん飛んでいました。山頂にはバッタもいました。平地から飛んでくるのも大変ね、なんて雑談をしながら下山いたしました。

チングルマの風景は圧巻でした!

今回は姿見の池〜旭岳山頂まで歩いてきましたが、姿見の池までの周遊でも十分楽しめました。中でもチングルマの風景は忘れられない思い出となりました。皆様も機会がありましたらぜひ〜。

Sponsored Link